台湾冷凍食品プラットフォーム
  日凍購

     台湾市場で切り拓く日本産冷凍食品の可能性
世界的なコロナの流行により、長らく「外食文化」と言われてきた台湾でも
冷凍食品のような手軽に調理ができる「中食」の存在感が日々高まっています。

そんな状況にも関わらず一般の食品に比べて、
台湾における日本の冷凍食品の種類はまだ多くありません。
その大きな理由の1つに「価格」の問題があります。

日常的な飲食にかける費用が相対的に低い台湾市場で、
高品質の日本の冷凍食品を
諸費用含め安価で提供することは非常に難しい状況にあります。

そこで私たちは台湾消費者向けに「日本の冷凍食品専門のサイト」を開設し、
広告費や国際輸送費などをシェアすることによって
より安価で手軽に販売できる仕組みを構築しました!

日凍購の特徴
①在庫は全て買い取り
②シェアード運営による費用削減
③現地での試食販売プランも対応可能
①在庫は全て買い取り
販売は基本的に「予約販売」を想定しています
そのため売れた分だけ弊社にて買取り
余計な在庫リスクを負う必要がありません

また輸出入は全て弊社にて請け負いますので、
弊社への販売後に~
台湾国内冷凍倉庫も保有
②シェアード運営による費用削減
現地進出には冷凍倉庫費や国際輸送費、サイト運営費など多額の費用がかかります。日凍購ではご参加いただく複数の企業で費用をシェアすることにより、通常の進出に比べてはるかに安価な現地進出が可能です!
③現地での試食販売プランも対応
海外進出で最も難しいのが現地での売上拡大。
消費傾向の異なる新市場での売上拡大は多くの困難が伴います。
そんな中で多数の消費者に試食してもらうことで自社商品の良さを
知ってもらうことは海外市場においても非常に有効です。

弊社ではスーパーやデパートなどの一般の小売流通に加え、
台湾企業のオフィスや中高級共同住宅など
弊社独自の売り場での試食販売プランもご用意しております。
導入実績①:千房ホールディングス株式会社
台湾市場において初めての「お好み焼きの冷凍食品」として
日凍購及び弊社独自の試食販売プランで販売を開始。

初めは台湾消費者に受け入れられる価格帯の把握に苦労するが、
シェアードによる広告費と国際輸送費の削減によって
安価で提供が可能になったことで売上拡大に成功。

現在は試食販売を行う会社数を増やしながら
WEB広告による認知強化も同時進行で行う。
今後の展開として小売店への流通を目指す。
導入実績②:冷凍食品大手T社
主に「冷凍うどん」の売上拡大を目指し、
日凍購及び試食販売プランを用いて販売を開始。

当初は1玉ごとに個別包装された商品を販売するが、
試食販売時にヒアリングしたまとめ買いニーズに沿って
複数人分を1セットにした業務用の販売に舵を切ったことで
月間の売上が当初の3倍超まで拡大。

現在は次なる展開として東南アジアへの展開を模索。
日本食品の台湾初越境ECサービスとして更なる売上拡大を目指す。
Shipeee コーポレートサイトはこちら ☞☞☞